歯科用CTを活用した診断

正確な診断を可能にするCT

親知らずと言っても、生え方は様々であり、治療の難易度や抜歯の方法が異なります。安全性の高い処置を実施するために、また当クリニックで抜くべきかどうかという判断のためにも精密な検査は欠かせません。そこで、当クリニックでは歯科用CTを導入いたしました。

症例によっては事前に歯科用CTで撮影し、親知らずの生え方や歯根の状態、神経の位置などの情報を立体的に捉えた上で抜歯の処置を行います。親知らずの状態をしっかりと把握することで、抜歯の際の力のかけ方や力をかける方向、力の強さを計算することができるようになりました。その結果、正確かつスピーディーな抜歯が可能となります。

当クリニックの歯科用CTのご紹介

当クリニックでは、最新のX線CT診断装置 「ファインキューブE2」を導入。

ファインキューブE2は、通常のX線写真を撮影するのと同様に、CT撮影を行うことが可能です。 

CTで撮影することにより、歯茎の中で完全に埋もれている親知らずの状態や顎の骨の状態を詳細に認識することができ、安全な治療を実現する為のガイドラインとなります。

 

従来のレントゲンとの違い

従来のレントゲンが2次元であるのに対して、歯科用CTは3次元で画像をとらえることができる点が大きな違いです。今までのレントゲンでは正確に細部までわからなかった骨質、骨の高さ、骨の形状まで精密に撮影することが出来るようになり、より正確な診断が可能になります。

【歯科専用CTの特徴】

  • 見えなかったものが見える
  • 経験と勘ではなく客観性を与えることができる
  • より安全な治療を行える
歯科用CTと医科用CTの違い

医科用CTは横たわって撮影するのに対して、歯科用CTでは座ったままで撮影が可能です。また、撮影も10秒ほど終了するので、被ばく線量が医科用CTの1/8~1/50程度に抑えることが出来ます。

【医科用CTのとの違い】

  • 被ばく量が少ない
  • 短時間で3次元画像を構築できる
  • 座ったままで撮影できる

お電話でのお問い合わせ

072-744-3981
診療時間
平日 9:00~13:00/15:00~19:30
土曜 9:00~13:00/14:00~17:00
休診日
水曜・日曜・祝日

 

メインサイトはこちら
ネット予約はこちら

院長プロフィール

院長名

経歴

  • 〇年 大学医学部卒業
  • 〇年 ○○大学病院○科
  • ○年 ○○医院○科

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

※地図はサンプルです

03-0000-0000

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅より徒歩10分

診療時間

診療時間

月~金曜日
午前 XX:00~XX:00
午後 XX:00~XX:00

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日