痛みと腫れに配慮した治療

切開と骨削除で痛みと腫れの少ない抜歯を目指します

まったく痛みと腫れのない「親知らずの抜歯」は、優れた手技や設備があったとしても残念ながら不可能です。しかし、可能な限り痛みと腫れを抑える治療を心がけています。 

親知らずは、周辺の歯茎を大きく切開して、顎の骨を大きく削り取れば、短時間で抜歯することが出来ます。しかし、この方法では術後の強い痛み・腫れの原因となってしまいます。 

痛みと腫れを軽減するためには、短時間で、歯茎の切開を最小限にして、骨をなるべく削らないで、処置を終えることが必要です。しかし、これは技術力が問われるため、歯科医師なら誰でも出来るわけではありません。 

当クリニックでは、口腔外科で臨床経験を積んだ歯科医師が、患者様の負担を考慮して、切開や骨削除は最小限にして短い時間で抜歯を終わらせるように努めています。

抜歯にかかる時間は、歯を抜く処置時間として数分~30分、麻酔の開始から縫合までのトータルの時間を含めて30分~1時間を目安にしています。

術中の痛みに最大限配慮します

親知らずの抜歯というと怖いイメージをお持ちの方がたくさんいらっしゃいますが、しっかりと麻酔を効かせてから抜歯をしますので、術中はほとんど痛みを感じることはありません。

表面麻酔(ひょうめんますい)

麻酔注射の針が刺入する時の「ちくっ」とした痛みを大きく和らげるために、粘膜にゼリー状の表面麻酔剤を塗布して、表面を一時的に痺れさせます。

浸潤麻酔(しんじゅんますい)

表面を痺れさせてから33ゲージという細い針を使用し、ゆっくりと少しずつ麻酔液を注入します。麻酔液が入っていくときに圧迫されるような痛みを感じることがありますが、麻酔液を注入するスピードをコントロールすることで、圧迫されるような痛みを最小限に抑えます。

伝達麻酔(でんたつますい)

伝達麻酔は親知らずの近くの神経の幹に行うブロック麻酔で、浸潤麻酔が効きにくいときに威力を発揮します。下顎の歯や歯茎、舌半分と下くちびる全体に麻酔効果があり、2~3時間で感覚が戻ります。親知らずをはじめ口腔外科治療ではよく行う麻酔方法です。

抜歯後の痛みや腫れについて

「抜歯後は腫れますか?」という質問をよくいただきますが、結論から言えば「腫れます」。親知らずに限らず、一般的な抜歯についても、外科的な侵襲を加えることになります。体は侵襲に対して治そうと働きかけ、そのときに起こるのが炎症反応です。特に、親知らずの抜歯は、歯茎を切開したり、親知らずの周りの骨を削ることがあるので炎症反応が強く出現します。

上顎の親知らず

上顎の親知らずは、下顎の親知らずの抜歯と比較すると、短時間で終了するケースが多いと言えます。上顎の親知らずは、真横に生えていることはほとんどなく、まっすぐに生えていたり、斜めに生えているケースが多いので、切開や骨削除が少ないためです。通常、抜歯後は2~3日間の違和感を覚えることがありますが、あまり強い痛みや腫れは起こりません。

下顎の親知らず

下顎の親知らずは、親知らずと顎の骨がしっかりとくっついているため、上顎の親知らずと比べると抜きずらい環境にあります。また、親知らず自体が、真横に生えていることが多く、歯茎の切開や骨を削る必要があったりと、大がかりな抜歯処置になりやすいと言えます。個人差はありますが、抜歯後2~3日は痛みがあり、だいたい腫れると思ってください。

抜歯後の注意点

ドライソケット

抜歯後は徐々に痛みが落ち着いてくるのですが、何日かして痛みが強く出ることがあります。こういった症状が出た場合、治りが遅れるドライソケットという状態が考えられます。通常、抜歯後は抜いた穴のところに血餅(けっぺい)とよばれる「かさぶた」が出来て、あいた穴を覆い次第に歯肉に置き換わっていきます。しかし、何らかの原因で血餅が固まらなかったり、あるいは取れたりして、骨の部分が露出してしまうことがあります。長引くと2週間ほど痛みが続くことがあるので、ドライソケットが疑われる時はご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

072-744-3981
診療時間
平日 9:00~13:00/15:00~19:30
土曜 9:00~13:00/14:00~17:00
休診日
水曜・日曜・祝日

 

メインサイトはこちら
ネット予約はこちら

院長プロフィール

院長名

経歴

  • 〇年 大学医学部卒業
  • 〇年 ○○大学病院○科
  • ○年 ○○医院○科

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

※地図はサンプルです

03-0000-0000

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅より徒歩10分

診療時間

診療時間

月~金曜日
午前 XX:00~XX:00
午後 XX:00~XX:00

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日